更新日 2017-10-30 | 作成日 2017-10-30

DP-021 6灯テールライトKIT

定価¥55,000 (+消費税)


数量:


現代のスーパーカーのマセラティやポルシェにも採用されているHella製のテールランプ類を使用した本格的なテールライトKITです。
暗くて地味なエッセのテール周りの印象ががらりと変わります。
ランプやアウターリングの固定方法は各色同じなので、お好みに応じて様々な仕様にアレンジ可能です。
例えば、ご注文時にレンズ類を全てクリアタイプに変更することも可能です。
50mm外径のブレーキランプやウインカー用にそれぞれレッドやアンバーに点灯させる為のバルブは別途必要となります。
90mmのアウターリングにLED球が埋め込まれており、夜間は尾灯として光らすことが出来ます。

ベース部はFRP製の黒色ゲルコート仕上ですので、塗装前提パーツとなります。
基本的にウインカー&バックレンズがクリア仕様、ブレーキレンズがレッド仕様がデフォルトです。

取り付けには純正ハーネスの簡単な加工を伴います。
車体側の加工は基本的に不要のボルトオン装着品です。

初回ロット分にはウインカー球等のバルブ類が付属致します。

装着方法

6灯テールの本体にレンズ類を固定します。ウインカーレンズは1箇所の固定穴部をカットする必要があります。LEDアウターリングはレンズと共締めで固定します。ハーネスを穴から出しておきます。

M6ボルト2本を緩めてノーマルテールを外してソケット手前で各ハーネスを切断し、ブレーキと尾灯のアース線(黒色)を二股にするためのWメス端子を付けます。ノーマルの尾灯線の+線(赤/白)に丸オスギボシ端子を付けます。

ブレーキランプ用のアース線を製作します。平端子(小)と丸オスギボシ端子仕様です。

ノーマルのハーネスチューブに切り込みを入れて、ウインカーランプ線(緑)とアース線(黒)バックランプ線(白/黒)とアース線(黒)とブレーキランプ線(赤/黒)の+線の各ハーネスの先端の皮膜を剥いて平端子(小)を付けます。

付属のチューブと防水ゴムカバーを通してから平端子(小)を各レンズのソケットに接続します。特に+と-の指定はありません。

各防水ゴムカバーをしっかりソケットに被せます。

LSDアウターリングのハーネスの茶色の方に丸オスギボシ端子を付けてWアースメス端子に接続し、片方は丸メスギボシ端子を付けてノーマルの尾灯線の+線(赤/白)と接続します。

テール装着後、付属の反射板を貼付けて完成です。LEDアウターリング(尾灯)の点灯状態です。

ブレーキとウインカーランプの点灯状態です。